50歳でも10キロやせる!我慢しない断糖高脂質ダイエット

50歳主婦が8か月で40キロダイエット!断糖・高脂質でやせる!ダイエットに失敗して自信がない人でも今までとは違うやり方教えます

糖質制限は理解されない?いろいろむつかしい?

先日糖質オフスイーツで有名な堀田茂吉さんの講演会を聞いてきました

とっても面白い話がたくさんでした!

糖質制限、私の周りではすっかり普通のことだと思っていましたが、地域によっては違うんだと、いろんな方と話していて気が付いたり

なぜ日本人はお米が好きなのか

とか

鳥の話とか(?ですよね)

熊の話とか(??ですよね)

どの話も納得で興味深くて、一度聞くことをお勧めします!

身体って本当に不思議だ

 

断糖始めてから、あまりにも体調が良いので、断糖高脂質食をやめるつもりは今のところないです

そして、知れば知るほど

糖質が必要ないように思えてきます

もちろんいろんな考えがあるから、お米大好きな人のことを否定しません

超個人的意見として、糖質は必要ないように思える

そしてあわせて栄養の大切さも痛感

栄養と言っても、野菜をバランスよく食べるって話ではなくて

ビタミン、ミネラルなどをきちんと体が機能できるように摂る

タンパク質を欠乏しないように摂る

そういうこと

 

私たちが昔から教え込まれている

日本人はお米を食べないと始まらない

食事は1日3回食べないと太りやすい

ご飯とおかずをバランスよく食べることが大事

ご飯の時、まず野菜から食べたほうが良い

野菜は一日350グラム(?でしたっけ)食べよう

とかとか

 

そういうことが全部迷信だったのかもしれないと思える

お米の糖質は角砂糖14個分

チョコレートのように甘ければ食べると罪悪感があるけど

甘くない糖質は、食べても罪悪感がない・・・

罪悪感がなくて、知らない間に糖質摂るシステムになっているのまずいよね

お米、わたしも大好きだった

本当に大好きだったけど

でも、あの頃の眠さとだるさと疲れやすさ

それが、いま全然ないこと考えると・・・

もうお米を以前のようにたくさん食べることは考えられないなあ

という結論

将来、もしかしたら少しだけ食べるってことはあるかもしれないけど・・・

 

日本では

「甘くておいしい」

というフレーズが普通に使われている

でも、これは世界共通ではないということ

お米も、果物も、野菜も、魚も

なんでも甘くておいしい、という価値観が大きすぎて

逆に甘くないとおいしくない、という感覚が日本人に植え付けられている

 

果物が世界一位甘い日本

甘くない果物は、高い値段では売れない

そして、誰も買わないし食べない

でも本来果物は酸っぱさもあるはず

それを甘さオンリーに改良した日本

日本人っていつからこんなに甘いものが好きになっちゃったんだろう

 

テレビでも甘いもの特集とグルメ特集の多さ

季節のスィーツ特集を繰り返しする意味って何だろう

甘くても甘くなくても糖質が欠かせない日本人

ちょっと偏ってるよね

 

糖質制限あるあるで

お米食べないっていうと

理解されない

反対される

変人扱いもされる

そして、たまに風邪ひいたり、具合悪くなると

お米食べないからだよ、って言われるらしいwww

風邪をひくのは 菌のせいです!

だよね?

 

てことで

ひとつ、いいこと思いついたからすぐ実行しちゃおう、と思ってます

糖質制限仲間で、情報交換のお茶会を開催

関東の各地で

各地のおいしいカフェか、お肉のお店で集合で

近々Twitterで募集します!

周りに仲間のいない糖質制限している人や

もちろん金森式の人

どっちをやろうか迷っている人

やっているけどうまくいかない人

みんなでゆるく集まって、お互いのやり方を尊重しながら

情報交換しましょう♪ 

f:id:smilelife5:20190916230951j:plain