50歳でも10キロやせる!我慢しない断糖高脂質ダイエット

50歳主婦が8か月で40キロダイエット!断糖・高脂質でやせる!ダイエットに失敗して自信がない人でも今までとは違うやり方教えます

食べることは幸せですか?本当の幸せは食べることですか?

食べることが嫌いな人、あんまりいないと思う

好きなものを食べると超幸せ♡

甘いもの食べないと、疲れがとれない♪

美味しいものを食べてる時が幸せ♡

とか、よく言うけど

それ本当かな?

f:id:smilelife5:20190723211131j:image

 

断糖高資質ダイエットをしていると

「私もやりたい!どうやって痩せたの?」

「糖質の入っているもの全部食べないの」

「え、お米も?パンもパスタも?」

という決まった流れの会話の後

「お米が好きだから無理だなあ」

「甘いものが好きだから無理だなあ」

「食べるのが好きだから無理だなあ」

という

おきまりのやりとりがある・・

 

そうだよね

お米やめるの嫌だよ

パスタとかおいしすぎるし

ムリって思うの当然!

だって世界はおいしいものであふれている♪

もっといろんなおいしいもの食べたい!ってなるよね

 

でも

甘いもの食べることに

そんなに幸せ感じるって、ちょっと不思議

と最近思う

 

もちろん以前は違っていて・・・

太っていたころは何も思うようにいかないから

せめて食べたいもの食べることが

自分が思うようにできることだなあって思いながら食べていた

これ、字にすると切ない・・・

だけど、食べているときの幸せといったら

そりゃあ幸せだった♡

 

断糖高資質食を続けているうちに

食欲に左右されないで食べ物を選べるようになって

どんなにおいしそうなものを見ても、誕生日でも

食べ放題に行っても

自分が食べたいものだけ選び

自分が本当に食べたい量だけ食べて

もういらない、と思ったらストップできる

ってふうに変化した

これ、すごい驚きだけど

食いしん坊だから、ぜったいそんな心境になると思わなかったけど

変化しちゃって

 

そしたら

昼何食べよう、とか

夜何食べようとか、

考える時間が減ったわけで

そして気が付いたのが

あれ?なんかとっても楽!

 

次の食事になにを食べようとか

食べ物のことを考える時間が減って

そしてなぜか感じる、すご~く自由な感じ

断糖すると食べるものがとてもシンプルだから

作る時間も減って、洗い物も減る

なんか一日が忙しくない!

いままで感じたことのない解放感と自由さ

 

そんな変化の中

友人と話していると

眠い、疲れた、だるい、頭痛が、といいながら

疲れたから甘いもの食べよう♡

何食べようかなぁ♪

これ食べたい

という会話が多いなあってこと

1日何回も

結構な回数食べるもの話題に上がる

それって考えてるってことだし、実際しゃべってるしそして食べてる

わりと時間使ってる?

 

人って

何日間か食べなくても生きていけるって

飢餓に強いんだって

むしろ食べ過ぎに対応できる遺伝子が無い、とか小耳に挟みながら生きてきたけど

食べることを大切にしています

って人は多いけど 

食べないことを大切にしています
って人あまり会ったことないなあ

少なくとも私の周りにいた記憶ない・・・

 

でも、

この食欲に左右されない感じ

食事の用意や片付けに時間を取られないこと

ら~く~♪楽だわ
とっても開放的で癖になる

 

食べることは幸せだと思っていたし、実際幸せだけど

今は、もっと幸せなことに十分時間がつかえているっていう充実感のほうが幸せ

食べる、寝る、排せつする、って、生命維持のための基本的なことには特に感情がないという発見

 

唯一食べて幸せなのは

友達や家族と食事をするときで

それは、食べるのが幸せなんじゃなくてコミュニケーションできるのが幸せ

家族でゲームするとか、おしゃべりする、ってことと変わらない

そんな気楽なものかもしれないな

 

食欲からの解放感

そして、だるさや眠さと無縁の体調の良さ

ストレスない毎日ってほんといい