50歳でも10キロやせる!我慢しない断糖高脂質ダイエット

50歳主婦が8か月で40キロダイエット!断糖・高脂質でやせる!ダイエットに失敗して自信がない人でも今までとは違うやり方教えます

アレルギーも栄養不足?我が家のアレルギー遍歴

f:id:smilelife5:20190825130447j:plain

 

我が家は、私以外全員アレルギーがある

子どもも夫も喘息、鼻炎、花粉症、アトピーを複数もっている

小さい頃は喘息かアトピーだったうちの子どもたち

大人になるにつれ、全員一年中鼻炎に苦しみ、何人かは春と秋は花粉症

家族5人がそんな感じなので、元気なわたしは彼らの手当てに時間をとられる

 

子どもが小さい時、玄米食で有名な旅館をやっている方の本を読んだ

ジャンクなものを食べさせるのはどれだけ体に悪いか

自然食がどれだけ日本人に合っていて必要かを強く訴えていた

自分はマックとか甘いものとか大好きだったけど

家族のために玄米食を開始した

重ね煮で野菜の栄養を生かす食事づくりや

酵素ジュースを作ったり、味噌も手作り、豆腐も手作り

肉は食べないで大豆タンパクと野菜中心

甘いものは果物以外食べない生活をしていた

 

でも、長女はうまれたときからアトピーで、肌はひどかった

そうこうするうちに、夫のアトピーがさらに悪化

痒みで顔中かきむしって眉毛も無くなり人相が変わってしまった

全身の痒みで夜も寝られない

お風呂に入って湯船に浸かっている時だけが体が楽なんだと

2時間か3時間湯船に浸かって出てこれなかった

そして、お風呂から出てくると急激に襲ってくる乾燥からくる痒み

その痒みと痛みに耐えるためにひたすらうずくまっていた

そんな夫の乾燥してがさがさな体に、全身薬を塗るのは私の役目だった

薬を塗らないと乾燥が辛いけど

でも薬を塗ると、こんどは肌が潤って痒みが襲ってくる

自分で掻くと、血が出るまでかきむしるので、

まだ乳飲み子の赤ちゃんだった娘を抱っこしてわたしが彼の体をさすり続けた

アトピーのせいで夫はやせ細っていき

職場まで車で送迎する毎日

会話とか一切できなかった

アトピーは家の掃除も大事、食事も大事、ってことで

苦手な掃除も毎日頑張っていたわたし

あの頃、友達が支えてくれなかったら私もダメになっていたと思う

 

そんな時に、土佐清水にある病院でステロイドを使わないでアトピーの改善に尽力している丹羽先生を知る

アトピーがひどい夫を連れて行き入院させてもらう

そこでも食事指導をうけて

活性酸素を無くすことが大事と、そのためのサプリを進めていた

 

この時の食事指導は驚くことに玄米禁止!

ちょっ!!今まで玄米食べさせてきたのに?

玄米特に好きじゃないのに頑張って料理したきたのに?

理由は、アトピーの人は胃腸が弱いことが多いから、玄米を消化することが難しく

かえって胃腸に負担をかけて、それがよりアトピーを悪化させるから

それと、玄米は脂が多いからそれもダメ、とのこと

脂がダメ、ということでチョコレートやカレーなど、油脂が多いものも禁止だった

 

夫は幸い丹羽先生の治療法がとても体に合ったようで

2週間の入院ですっかり治って帰ってきた

奇跡だと思った

 

それからは玄米食はやめて、丹羽先生の薬で普通の人と同じ生活ができている

そして、あの時知った活性酸素が悪いということ

それが気になりつつも、サプリが高価で不味くて続けられなかった

丹羽先生は薬の副作用の少ない、というかほとんどない薬を開発して

患者さんのために、年に何回も講演会を開いて

アトピーのこと、体のこと、食べ物のことを、6時間くらいかけて話してくれる

丹羽先生には感謝しかないし、尊敬している先生の一人

 

そして今

サプリメントの大切さと、ビタミン類が圧倒的に足りないことを知り

医学ってなんだろうって思う

症状が悪化して病院に行った時、いろんな治療法が一気に知れたらいいのに

そしたら、その中から自分で選べるのに

医師が自分がいいと思うものだけすすめるのは、いい加減やめてほしい

私でもわかるようなことを診断された日には、病院行ったことを後悔する

丹羽先生に出会う前まで通っていた普通の皮膚科で、夫はステロイドをどんどん強くされていって、塗っていたところの皮膚が薄くなって裂けやすくなっていった

でも、先生はその症状については特に触れなかった

そして、痒みは無くならない、傷にはステロイドを塗ってね、というだけだった

改善は一切無し

かかったお医者さんがハズレだったかも知れないけど、いろんな治療法を提示して、こちらに選ばせてくれたら、あんなに長い間苦しまなくても良かったのにと思う

 

最近読んでいるメガビタミンの本に、アレルギーは粘膜が弱いと書かれていた

粘膜を強くするためにビタミンDと、それに伴いビタミンAも一緒に摂ると良いと

もう何十年も家族のアレルギーのために良い治療法を探して

やっと最近知ったこと

ビタミンや栄養が足りないとどうなるか、は

自分の体で体験済み

まずは体に必要な栄養で家族の体を満たそうと思う