50歳でも10キロやせる!我慢しない断糖高脂質ダイエット

50歳主婦が8か月で40キロダイエット!断糖・高脂質でやせる!ダイエットに失敗して自信がない人でも今までとは違うやり方教えます

食べることって自分にとってどんなこと?

食事って大切、だよね

体は食べたものでできているし

家族の食事を心を込めて作ってます、とか言うと

いかにも良いお母さんぽい

食べることに丁寧に向き合ってます、とか聞くと

この人は丁寧に生きている人なんだな

という、素晴らしい人な感じをうける

f:id:smilelife5:20190902121324j:image

 

なんですけど

私、栄養を摂る、て意味での食事とか食べることにあまり関心がない

食べたくない、って訳じゃなくて、ね

あくまでも食べる時栄養が、とかバランスがとか考えてなくて

関心がないから、食べるものにもこだわってなくて

毎日毎回同じもの食べてもOK

面倒なら空腹で食べないってこともOK

食べたお皿片付けるのが嫌すぎて食べない、ってことも多いし

あと、やっていることを中断したくなくて食べない、ってことも、一人の時は割とよくある

 

お腹空いた時

一人だと好きなものだけの超適当料理

栄養とか考えたことなくて

大事なのは手軽なこと!(キッパリ)

チンする、お湯注ぐ、買ってくる、とか?

そして空腹が満たされること

体が頑丈なせいか、感性が鈍ってるせいか、何食べても太り続けること以外、体調崩すこともなかったからずっとこんな感じ

 

でも美味しいものを素敵なお店で食べるのは好き

これは私にとっては娯楽

栄養摂取の手段とは考えてない

美しいお店で美しいお皿とかカトラリーが並んでるの見るだけでかなり満足

心が満足しちゃうから量はそんなに必要ない

丁寧に作られた手作りの料理と、お店全体の雰囲気を楽しむことが、メインディッシュ

 

そして

大好きな友達や家族との食事はコミュニケーション

大切な人と一緒に過ごして話す時間自体が好き

こういう時はお店も内容も、特にこだわらない

相手が行きたいところで幸せです

食べられるものがなくても私は全然構わないし

(相手が気にするときはあるけど)

子どもが作って欲しいと言うなら、手の混んだ料理もつくる

コミュニケーションだからね

相手が喜んだら私もうれしい、てことで利害が一致

片付けの面倒くささを、喜びが超えてるのでOK

 

食事を栄養摂取と考えていなかった、って

断糖高脂質食ダイエットを始めて、初めて気がついた

だから毎回たべるものが、肉、卵、バター

って決まってるのすごく楽ちんで

毎日メニューを考えなくていいなんて!

主婦の望んでること満たしてる!

 

太っていたとき、今のように肉中心だったけど、

一緒にご飯ももりもり食べていたなぁ、

でもご飯好きでやめるつもりもなかった

甘いものも口さみしくて何かと食べていたし

あと眠気防止のためにちょこちょこ、何かをつまむことが多かった

アーモンドチョコとか、小分けになったバームクーヘンとか、ショートブレッドとか、

そして、常に甘いアイスカフェラテ飲んでた

健康や食事(関心がなかったから、ここまで適当な食事だったんだなあという振り返り

 

断糖高脂質食ダイエットはシンプルルールだから自分の食事について最低限は守れている

とにかく肉!

そして、食事が娯楽でコミュニケーションの時は、どう食べるか?

そのルールは自分で決めている

 

食事は毎日のこと

食事について以前の価値観

野菜がヘルシー

脂っぽいものはだめ

みたいな?あの価値観とは違う

私がこの一年で体験して知った新しいやり方で生きていきたいと思う

 

自分にとって、食事は何?

なんのために食べているの?

それを自覚することで、ダイエットも人との付き合いも、家族との食事もスムーズになるかもしれない